2017年の始まり

今年は車検。冬は仕事で忙しく整備は年が明けて3月から始めたので、とりあえず各部が正常に動作していることを確認して整備を終わる。タイヤ交換は昨年やっているので問題なし。

ブレーキは重要なのでパッドを点検する。リアブレーキパッドの状態。結構頻繁にリアブレーキを引きずる運転をしているので もっとすり減っているかと思いきや全然すり減っていない。ワイヤブラシで清掃して装着。




リアキャリパーの状況。結構綺麗。ピストンを清掃してキャリパー全体をエアダスターで清掃。ボルトをパーツクリーナーで清掃し新しいグリスを塗って組み立てる。




さすがにチェーンのたるみは許容値の30mmを超えているのでアジャスタボルトを調整してチェーンを張る。たるみは20mm。スプロケットの摩耗は許容値以内。





ブレーキオイル、クーラントは前後とも昨年の3月に交換しているので省略。レベルもOK。



4月8日
2017年初めても走行。バッテリーを充電し取り付けてエンジンスタート、一発で始動。八戸YSPまで走行。特に走行上問題なし。ブリップヒーターの威力はさすがである。付けといて良かった。

YSPで光軸調整をしていたら、ローハイビーム切り替えスイッチが接触不良。おまけに光量が足りないことが分かった。スイッチを分解して接点復活剤を塗布、モトイージー(エンジンスタート時はヘッドライトオフ、パッシングスイッチを押すとヘッドライトオンになるトランジスタスイッチを応用したコントローラー、電熱ジャケットなど消費電力の大きい機器を使用しているときヘッドライトをオフできる、重宝するが違法?)を外して元の状態に戻す。若干の不安が残る。調整代3000円+消費税。

試しにグリップヒーターとナビをオフにしてみたが光量の変化はない。負荷の問題ではなさそうだ。

チェーンにドライタイプのグリスを塗布。電気系統の点検を一通り実施しておく。特に問題なし。




ユーザー車検2回目の挑戦

必要書類は、車検場で3枚入手するもの以外、自分で持って行くものは、納税領収書(昨年のもの)、点検整備票(自分で実施、作成)、自賠責保険証書(昨年のものと今年のもの2枚)、旧車検証。

検査場に入る前に、エンジンをかけてブレーキランプ、方向指示ランプ、ハンドルロック、オドメーターの読み、カナヅチによる打診。ハンドルロックは普段やらないので少々戸惑う。

それが終わると車検場ラインに入る。最初は排気ガス検査。センサーを自分でマフラーに突っ込んで○の表示が出たらOK。次はバイクを移動して前輪をローラーの上に乗せてブレーキのテスト。次に後輪をローラーに乗せてブレーキのテスト。同時に速度計のチェック。40km/hになったら「ハイ!」と言う。次は光軸のテスト。ハイビームにして片目ずつチェック。全てOKであれば合格。チェック書類を一通り揃えライン最後の窓口に提出、チェックを受けて事務所の交付窓口へ提出して新しい車検証とステッカーをもらう。

とりあえずヘッドライトの光量不足は指摘されなかった。良かった良かった!

今回の費用は、自賠責保険11520、光軸調整代3240、検査手数料1700、重量税3800、合計で20260円。ディーラーで光軸調整してもらうときにヘッドライトが暗いと言われ、車検に通らないかもしれないと心配していたが杞憂に終わった。一応、モトイージーを外しグリップヒーターをオフにして検査に臨んだのが良かったのだろう。ヘッドライトの光量は外してもオフにしてもさほど変化はなかったが・・・

いずれにしても通れば良い。





プラグの掃除

プラグの清掃をする。1万キロで交換して以来の掃除になる。8000キロ走っているにしては汚れは少ない。それにしてもFZ-1 FAZERのプラグは外しにくい。邪魔をしているラジエーターを外しても隙間が少なく手が入りにくいことこの上もない。コンパクトに造ってあるのはいいが、メンテナンスのしやすさも考慮する必要があるのでは。

デザイン重視のヤマハならでは、エンジンが密集していてマスがエンジン部分に集中しているのでデザイン良し運転性能良しではあるが。

ついでにモトイージーも元に戻しておく。パッシングスイッチは接点復活剤により今のところ問題なし。

下の写真は、エンジンに向かって右側から順に清掃前、清掃後を示している。



















イグニッションコイルはグリスを塗布し抜き差しがしやすいようにしておく。終了!

つづく

「表紙」に戻る