バイク整備用スツールの製作

バイクを整備するとき、リフターがないので中腰になったり地べたに座ったり膝をついたりして作業していたが、腰に負担がかかったり膝が痛くなったり弊害が多くなった。また、移動するのに滑って移動できるとストレスなく整備ができる。

整備用スツールを作る。風呂のイスを利用する。最近の風呂のイスは高さが高いものが多くバイク整備用にちょうど良い。

そこで風呂のイスを乗せる台を作り、台にキャスターを付ける。






イスを乗せる台に風呂用イスを固定する溝をトリマーを使って付ける。ストレートビット使用。






溝に風呂用イスの足が合うかどうか確認。ずれているようならトリマーで修正。







台の裏側にキャスターを付ける。これでイスが座ったまま自由に移動できる。






足の部分をボンドで接着固定。






完成。




「表紙」に戻る