バターナット・アンテナの再建設

屋上にカウンターポイズを張って展開していたアンテナを、メンテナンスが難しいので地上へ移した。カウンターポイズ無しの地上自立型に設定し直す。

基礎のコンクリート打ち。下の写真のように穴を掘ってモルタルを流し込む。モルタル用の砂には掘り出した土を入れる。





仕上がりは下の写真。この上に土をかぶせて固まるまで1週間ほど放置。





コイルの接続部分はかなり腐食しているので接点復活剤を吹きかける。







さすがコンクリートで基礎を固めるとびくともしない。見えているのは160m用のコイル。






とりあえずセッティングして調整は後からゆっくり。












アンテナ調整のためのセッティング。MFJ社製のアンテナアナライザを使っています。給電は50Ωとスペック表には書いてありますが使用しているフィーダーは75Ω。これは?さすがアメリカ製のアンテナ、理論では分からない部分が多々あります。




ちなみに調整なしで1.9MHzの様子。SWRは振りきれておりインピーダンスはレッドゾーン。先は長そうです。





3.5MHzではSWRが2となっています。インピーダンスはズレていますが・・・







つづく


「表紙に戻る」