給湯用ボイラーの補修

家庭で使っている給湯用ボイラーから水漏れが発生。早速、漏れている箇所を特定。補修にかかる。SUS管と銅管の接続部分から漏れている。良く見るとシールテープ無し。右側の接続部分は僅かにシールテープが見える。はっきり言って手抜き工事!








シールテープを巻く。





ナットを締めてテープで養生。保温材を巻き付ける。針金で固定して・・・





防水テープを貼って終了。これで暫く様子をみよう。漏洩がなければ大丈夫だろう。





今回、気付いたが家の工事は意外に手抜きが多い。適当にやっていることがしばしばあるので注意が必要だ。


「作品の紹介」に戻る