額を作製するときに使用するジグ

枠を45度に正確に切断するジグを作る。材料を以下に示す。



ボルトナットを締めるノブの利用が便利だ。市販されているものの概略図を以下に示す。普通ノブはボルトの頭を取り込んで固定するが、今回は逆にしてナットを取り込んで固定する。





木材から添え木を2本切り出す。切り出したらドリルで穴を空けボルトで固定する。その後、スライドテーブルをスライドさせて添え木を切断する。


準備として、スライドテーブル上に直角にけがき線を入れておく。




けがいた線に沿って片方の添え木をボルトで固定する。




添え木を切断する。




片方の添え木の切断が終わったら、2本のボルトのうち1つを外し、もう片方の添え木をボルトで固定する。同じように固定してから切断する。




両方の添え木を切断した後、ボルトで固定する。固定したときに直角を確認しておくのを忘れないように!




下の図はスライドテーブルの裏側である。ボルトの頭がスライドに支障を与えないようにスライドテーブルに埋め込む。




左右の添え木をノブで固定した様子。とりあえず完成だ!





横から見た写真である。





添え木の着脱はノブを使う。右の添え木のようにノブで固定すれば安定性が有る。





なお、添え木の穴は少し余裕を持たせてゆるめに空けておく。そうすると、添え木の微妙な最終位置調整が可能になる。













「作品の紹介」に戻る