ほぞ用のジグ

ほぞ用のジグを考察します。直角のほぞはテーブルソーやルーターで比較的簡単に素人でも作れることが分かってきましたが、「イスの設計」に出てくるようなイスでは、斜めのほぞがあり手工具を使って精度良いほぞを作るのは難しい。

そこで、何とか素人でも簡単にほぞが切り出せるジグを考えてみます。


端材を使って簡単な補助ジグを利用して、正確な切削が可能か確認してみます。





実際は、このようにして端材で加工する材をクランプで挟んでルーターのフェンスに沿って切削します。この場合、材が安定しないのと、手がビットに近くなるので危険があります。ただ、切削は旨くいったので、この方法でジグを作成してみます。









下図のような箱形のジグを考えてみました。ルーターのフェンスに沿って箱形のジグを移動させ材を切り出します。テンプレートに材をクランプで固定します。







テンプレート部分を横から眺めてみると下図のようになります。ジグを実際に動かしビットでテンプレートを少し切削してほぞ位置の目印にします。ほぞの耳の部分を合わせる墨線を入れておきます。墨線に合わせるためには、テンプレートは透明なセルロイド板が良いかも知れません。









色々考えましたが、単純な形にするという方針で、次のような設計に落ち着きました。






実際は、以下のようになりました。材と材はダボ継ぎを採用し、それぞれの材の直角に気を付けて組み立てます。下の写真では、テンプレートはまだ取り付けていません。鬼目ナットを使って、交換しやすくする予定です。






テンプレート(透明アクリル板)を取り付けるのは下の写真のように鬼目ナットを用います。





テンプレートをセットした状態です。





テンプレートにけがく基準線はルーターテーブル面に垂直である必要があります。スコヤで正確なけがき線をけがきます。





ジグをセットした状態です。





けがき線は千枚通しで傷を付けた後に染料を塗ってふき取るとけがき線に染料が残って綺麗に線が描けます。





コロ付きストレートビットを取り付けます。ビットは底に付けずに少し浮かして取り付けましょう。熱膨張の吸収のためです。





アクリル板の基準線にビットの刃を合わせます。このときフェンス側のスケールをメモしておきましょう。この目盛りを基準にほぞの幅を計算しフェンスを移動させます。重要な寸法なのでジグに書いておくと便利です。





ジグへは、ビットの径、回転方向、基準位置(フェンスのスケール)を書いておくと便利です。





端材を使ってテストカットをしてみます。まず、端材に基準線を罫書きます。その罫書き線とアクリル板の線を合わせます。





下の写真のようにクランプで固定します。





ビットの回転方向、材を動かす方向をよく考えて切削を開始します。一度の削るのではなく、少しずつビットの刃に負担をかけないように切削していきます。ビットの刃端の動く方向と材を動かす方向が相対するようにセットします。





仕上がりはこのようになります。材の毛羽立ちが気になるときは捨て材で挟んで切削すると綺麗に切削できます。





仕上がりです。斜めのほぞもセッティングを工夫すると簡単に正確にほぞを削り出すことが出来ます。
























                         「作品の紹介」に戻る(hozojigu18まで)