カトレリ・ケース
素人でも簡単に手に入り、価格も手ごろな2×4材を用いてカトレリ・ケースを製作します。

2×4材は決まった寸法と面取りがしてあるので簡単な日曜大工には向いていますが、きっちり作るには寸法のズレやねじれなどを修正する必要があります。

そこで2×4材を手カンナとカンナ盤を使って正確に削り出します。

カトレリ・ケースは単純な箱ですが、ラフな2×4材を正確に削り出す練習になります。
トリトンワークセンター2000のアタッチメントにプレーナー・アタッチメント・キットがあります。

これは一般の電動カンナをカンナ盤のように使える優れものです。

1面をきれいに仕上げて基準面とし、その面を基準に他の面を仕上げていきます。
カンナ盤で大まかに表面を修正した後、金尺、スコヤ、ノギス、手カンナを用いて材の面を修正していきます。

時間はかかりますが、この行程をきっちりやることで正確な削り出しが出来ます。
「作品の紹介」に戻る
カンナ盤とワークセンターの台が直角であることをスコヤで確認してから作業を始めます。
材の長編方向を削るときは、添える手がカンナの刃に近づくので細心の注意が必要です。

また、材を送るときにカンナに押しつける力を均等にするように気を付けましょう。

最後の部分の押し付け力が弱くなる傾向にあるので材の平面が傾いてしまいます。
2×4材だと厚すぎるので、テーブルソーを用いて薄く切り出します。

丸鋸を一杯にデーブル面から出していますが、一気に切断できないので2度に分けて切り出します。

この作業はフェンスと鋸刃の距離が近くなるのでキックバックを起こしやすく、作業には注意が必要です。

写真のようなジグを用いて、材を送る正面に立たないようにすることと、鋸刃に手を近づけないように注意して、フェンスと鋸刃の間の材を押して切断するようにしましょう。
同じ寸法の材は、両面テープで貼り付けて同時に切断するようにすれば、一度に切断できて、かつ、ぴったり同じ寸法になります。
材の切り出しが終了しました。
45度に切断する部分に印を付けます。印を付けないとどの部分を切断するか後で分からなくなってしまいます。
材の幅を、ケビキで正確に計り取ります。
材の端から、計り取った寸法をけびいて45度の切断基準線とします。
ソーガイドを用いて、上述のけびき線に合わせて45度に材を切断します。
それぞれの角を45度に切断し合わせてみます。左写真のように僅かに角部に隙間が出来ています。
この微妙な隙間は、紙ヤスリを正確な平面の板の上に置いて、カンナの刃を研ぐ要領で少しずつ根気よく調整していきます。

「合わないのが素人にとって普通」と考えると気が楽になります。(ヤスリで調整すればよいのですから)
接続部の調整が済んだら、今度は仕切板を入れるための溝をトリマを使って掘ります。使用するビットはストレート・ビットです。

ジグを用いて左写真のようにセッティングして作業を始めます。
同じ要領で溝を4カ所掘ります。
底板の溝も掘って借り組をします。
木工用ボンドをたっぷり塗ってハタ金とG型クランプを使って固定します。はみ出たボンドは乾かないうちに濡らした布で拭き取っておきます。
仕切り板、底板を5mmシナベニヤで現物に合わせて切り出し、組み立てます。

横に持ち運びのための穴を開けています。

枠が厚ぼったくすっきりした感じがしないのでカンナ盤でもう少し薄くすることにします。

その後、丁寧にヤスリがけをして塗装に入ります。
カンナ盤での厚みの調整です。
ただただ、ひたすらヤスリがけをします。

スプルースの木肌がとても綺麗だったので塗装はしないでおきました。
ヤスリで修正できないところは、ノミを使って修正した後、ヤスリでなめらかに仕上げます。

特に角の部分はヤスリだけでは修正できないところが有ります。ノミかカンナを使いましょう。
完成です。

2×4材を使いましたが、無垢の木を使ったように見えます。高価な無垢材を使わずに、素人でも、それなりの出来映えになります。