2×材から家具用の精度良い基本加工する手順 手カンナ、カンナ盤、自動カンナ盤を用いて、2×材から精度良い材料を削り出す手順を整理してみました。
2×材から大きな部材を作る手順 ビスケットジョイントを用いて2×4材をはぐ手順を整理しました。


2×材から家具用の精度良い基本加工する手順


無垢の材料を手に入れるのは、素人にとってとても大変なことです。おまけに無垢材は非常に値段が高い。かといって、ホームセンターなどで簡単に手に入り安価な2×材は精度がいまいちなので、家具を作るのには適していない。

ここでは、手カンナ、カンナ盤、自動カンナ盤を用いて、2×材から精度良い材料を削り出す手順を整理してみました。


1.2×材の切り出し



ソーガイドを使って2×4材を適当な長さに切断します。


2.基準面を作る(1)




基本的な流れは以下です。

例えば上図のような断面の角材を基本加工するには、まず、@の部分を手カンナで平面に仕上げます。金尺を使って曲がっている部分を重点的に削ります。大まかに削ったらカンナ盤を用いて@の面全体を削って面全体を整えます。

@の面が平面に仕上がったら、カンナ盤を用いてBの部分を削って@の面と正確に直角を出しましょう。

次に@の面を基準にして自動カンナ盤を用いてAの部分を削ります。上記のカンナ盤を用いる作業は自動カンナ盤でAの面を削った後に行っても差し支え有りません。

いずれにしても、@の基準面をキッチリ削り出すことが大事です。以下に写真を示します。




金尺を使って平面を確認します。ホームセンターから購入する際に曲がったり平面が出ていない材は避けて、出来るだけ真っ直ぐで表面の綺麗な材料を選びましょう。

長期間保存していたりすると、どうしても変形してしまうので、材料を使うときには必ず平面をチェックします。

このチェックにより、どの部分を削ればよいか当たりを付けます。


3.基準面を作る(2)



平面が曲がったり歪んだりねじれたりしている場合は、大まかに手カンナで修正しておきます。(写真が悪くカンナが見えませんがカンナをかけているところです)


4.基準面を作る(3)



次に、カンナ盤を用いて基準面の仕上げをします。まず、カンナ盤と台の直角をスコヤで確認します。



カンナ盤を用いて基準面を作ります。このとき、手がカンナの刃に近づくので十分な注意が必要です。革手袋は必須です。

木端は、まだ直角が出ていないので平板から浮いてもかまいません。あくまで基準面を仕上げることに集中しましょう。

カンナへの押し付け力を、削りはじめと削り終わりに均一にする必要があります。削り始めは深く、削り終わりは力が不足して浅くなりがちなので、削り終わりに押し付け力を増すようなつもりで材を移動しましょう。


5.基準面を基準とした対角面の削りだし

基準面さえしっかり平面が出ていれば、自動カンナ盤に通して簡単に基準面の対角に平行な平面を作ることが出来ます。



自動カンナ盤で、一度に削る厚みは〜1mmが良いと思います。


6.基準面に直角な木端を削り出す



基準面を平板に当ててカンナ盤で木端を削り出します。削る前にカンナ盤の直角の確認を行った後、削ります。削り終わったらスコヤで直角を確認します。


以上で2×材が正確な角材になりました。



2×材から大きな部材を作る手順

2×4材は、3.8cm×8.9cm□しかないので大きな幅の材が必要なときは、これらの材をはぐ必要があります。上記のように正確に削りだした2×4材をはぐ手順(ビスケットジョイント)を以下に整理しました。


1.ビスケットをセットする切り欠きを付ける



けがき線を入れます。このとき木裏と木表の組み合わせが交互になるようにします。材の反りを相殺するためです。




ビスケットジョインタの切り込み高さを調整し、切り欠きを付けます。


2.接着する



切り欠きを付け終わったら、ビスケットを挿入し仮組をします。ビスケットの挿入状態、材と材の隙間がないかチェックします。

仮組がうまくいったら接着に入ります。
全面およびビスケットの切り欠き穴に木工ボンドを塗ります。全面に塗るのは片側だけでよいでしょう。ビスケットの切り欠き穴は両側とも木工ボンドを塗ります。




クランプで固定します。クランプは奇数本で固定し、表側からと裏側から交互に固定します。

全てのクランプは徐々に少しずつ締めていきましょう。一気に締めると偏りが出来ます。写真のように一様に木工ボンドがはみ出しているのは、均一に木工ボンドがしみこんだ証拠です。

逆にはみ出てこない場合は木工ボンドが不足しているか、隙間が出来ている可能性があります。仮組の際に隙間が出来ていないことを十分にチェックしておきましょう。




はみ出した木工ボンドを塗れウエスでふき取り24時間以上乾かします。


3.綺麗な平面を削り出す



カンナで平面が出るように削り出します。カンナの刃は研いすぐなので、削りかすがカツオ節削りのように(?)削れています。




サンダーで仕上げをします。




丸鋸で木端を切断します。




                        続く(kihon15まで)







                          「作品の紹介」に戻る