サンダーのメンテナンス
パッドの付いているサンダーは、長期間使用していくとパッドが潰れてきてヤスリを固定している面のネジが露出してきます。
ほっておくと、ネジの頭がヤスリ面を突き破ってサンダーをかけようとしている面に傷を付けます。ネジの頭も潰れてきます。
パッドを交換する必要があるのですが、ホームセンターに行っても交換パーツも売っていないし、自分で交換するしかないと思いチャレンジしてみました。
サンダーに付いているパッドを外したところです。接着剤で固定してあります。

パッドを引き剥がし、きれいに剥がれず残った部分はスクレーパー等でこさぎ落とします。

下に置いてあるパッドはホームセンターで見つけたゴム製パッドをサンダーの台の大きさに合わせて切り取ったものです。
サンダーの台に合わせて切り出したパッドです。写真では分かりにくいのですが、ネジを止めるための穴をドリルで加工しています。
パッドを完全にはがし終わった後のサンダーの裏面。

サンディングするときに、研磨面から出てくる木くずを研磨面から効率よく出すための溝が掘られています。
サンダーの裏面への固定は両面テープを使います。

両面テープは、出来るだけたくさん使用しサンディング時にパッドがずれないようにしっかり固定しましょう。
「作品の紹介」に戻る