ソファー用作業テーブル

ソファーに座って作業できるテーブルを作る。通常、ソファーにはローテーブルがセットされているが、狭い部屋では無駄なスペースとなる。一方、ソファーに座ってコーヒーカップなどちょっとしたものを置くためのテーブルは必要だ。ならば作業も出来、使わないときは邪魔にならないテーブルを考えてみる。

インターネットを検索していると色々なものが販売されている。その中で最もシンプルで使い勝手が良さそうなものがある。自分流に少しアレンジしてみたものをスケッチしてみた。



第二案


もう少しシンプルなものを考えてみる。上記の箱型では実際に作業するときに手との距離がありすぎて使いずらいような感じがする。下の画像のように前方(ソファー側)に斜めに傾斜した形状にすることによりそれを解消することを考えた。





今日は角材を切り出す作業。手押しカンナ盤の性能チェックと自動かんな盤の集塵機能チェックを兼ねる。スコヤを当てて直角を確認する。



集塵の様子。かなりの風圧があるのでホースの先に袋を付けて集塵する。ほとんど外部に切り屑が出てこない。




さすがに手押しカンナでは直角がきれいに出る。下の写真はbefor。




after。









ホースの先につけた袋の中は確かに切り屑が集まっている。




自動かんな盤の集塵セッティング。




ダスト集塵の様子。



なぜか前面に切り屑が少々出ている。集塵しないと後ろに山のような切り屑の山ができる。





切り屑を集めるペイルの中は切り屑を集塵している。





吸入口は詰まっていない。ホース径が小さいので詰まるのではないかと心配していたが・・・







しばらく時間が空いたがソファー用作業テーブルの制作を再開する。まず、フレームを作るが細いフレームに強度を持たせるため組接手を使う。

組接手を作るにはいろいろな方法があるが、テーブルソーを使ってやってみる。このように冶具を用いて溝を付ける。







出来上がった組接手である。相手側も同じように切り込みを入れて組み合わせる。御覧のようにピタッと合わないのが素人の悲しさ。やすりを使って微調整が必要だ。



つづく

「表紙」に戻る