棚の制作

棚の制作を頼まれた。もともとあった棚を補強もかねて作り直すことにした。もともとあった棚は下の写真のように2段。



向こう側が厨房、手前側に客用テーブルがある。シースルーが条件。写真で分かるように中ほどがたわんでいる。棚に収納されているものの重量に対して強度が少し不足しているようだ。

24mmのシナ合板が良いだろう。家に余っている材料があるのでそれを利用する。

今回の接続はビスケットジョイントを用いる。上の段と下の段を外せるようにダボ接続とする。







木端には木端テープを張る。角を削るためのカンナ。方向があり写真の方向が正解。逆にすると坂目になって具合が悪い。





設計図を下の写真に示す。シンプルだがバラせるように接合部を工夫する必要がある。






上の棚と下の棚を分解できるようにダボで接続することにする。もちろん未接着。






after
下の2枚の写真はマリンブルーのオーナーから送られてきたもの。板の厚みを増したのでがっちり感がある。高さを少々高くしたので以前あったものより背が高くなり後ろにあった額を少し隠してしまった。








「表紙」に戻る