ダストコレクターの改造

トリトンのダストコレクターは良く工夫されていてコンパクトで実用性があるが、すぐにフィルターが詰まるという欠点がある。

ダストコレクションシステムとして世の中に知られているのはダイソンで有名になったサクロンである。サイクロンはダストを吸引し吸引した空気を気流で回転させ回転しているうちにダストを重力でディスポーザーへ分離して清浄な空気を吸引側へ流してやる仕組みだ。

メリットとして吸引時間とともに吸引力が落ちる従来のフィルタータイプの掃除機に比べ吸引力が一定であるという特徴を持つ。欠点としては機構が大型になる。

今回注目したのは、thie separator というもので、大型のサイクロンを小型化する工夫がなされている。バッフル板を用いることで大幅な小型化が実現でき、円錐というDIYでは加工が難しい形状も無い。
そこで以下に示すThien Separatorをダストコレクターを使って作ってみることにする。



設計図は以下。






まず、バッフル板を作ってみる。







ダストコレクション部分に下の写真のようにバッフル板をセットする。





元からあったインレット部分を削って平らにし左の水道管のエルボーを加工して接着する。







接着剤で接着した状態。空気漏れが無いように接着剤を十分に盛る。











ばっふる板を取り付けた状態。切り欠き部分とインレットの位置関係に注意。










もともとフィルタを固定していた部分に長いボルトを入れてスペーサーを入れて固定する。






使用する前の掃除機とダストコレクターの様子。ごみが無い状態。











使用後の様子。もともと付いていたフィルタ部分に細かいゴミが付いている。こうなると吸引力が落ちてくる。



フィルタへのゴミの付着状況。






使用後のダストコレクターの状況。ゴミが捕れていることは捕れている。






掃除機側へもゴミの移送が成れている。フィルタを通過してきたゴミだ。掃除機側のゴミは比較的少ないと言っていいだろう。



掃除機側のフィルタについたゴミ。




これらを見ても少々改造が必要だ。ダストコレクターのフィルタに細かいゴミが付着しないような工夫だ。




つづく

「表紙」に戻る